100%希望にあったナースの転職


2014年度版 利用者数で選ぶ看護師転職サイト

非公開求人に応募できる転職サイト
  看護師求人サイト一覧
  就職・転職 目的一覧
  その他の条件で探す
  基本メニュー


  訪問看護へ転職する看護師だけが得られる3大メリット
看護師と患者さんという線をなくして、もっと深い人間関係で向き合っていきたい。
地域に住む介護を必要としている方々に接して、貢献をしていきたい。
シフトがバラバラの病院勤めには疲れてきた。

看護師としてお勤めをしている方のなかには、患者さんとお話をして向き合う時間を大切にしていきたいと考えていたり、地域医療に貢献していきたいと思った方もいるでしょう。

また勤めてみてはじめて知る準夜勤や夜勤の辛さから、日勤だけのクリニックに転職したいと思った方もいるのではないでしょうか。

看護師という仕事のなかで、患者さんと話して向き合うことが大切だと感じたり、勤務時間から家庭やプライベートに支障が出てきている場合は看護師という資格を活かし、別の医療施設への転職を考えてみてもいいかもしれません。

転職先は病院だけではなく、クリニックや診療所、訪問介護、老人ホームなどなど多くの医療施設がありますから、天職だと胸を張って言える自分に合った勤務先をみつけていきましょう。

もしあなたが何かのきっかけや人と向き合っていく仕事に携わっていきたいと、「訪問看護」への転職を考えているなら、このページをよく読んで、自分に向いているのか、転職するにあたりどのような段階を踏めばよいのか、メリットはどのくらいあるのかを確認してから決めてみてはどうでしょうか。

<訪問看護の基礎知識> 訪問看護は、障害や病気が理由で、自宅という場でその人らしく療養生活を送れるように、過ごす方に対し看護師等が訪問し、自立への援助を促しながら療養生活を支えていく仕事です。

訪問看護を行っているのは病院・診療所をはじめ、民間企業や看護師自身がステーションを立ち上げて運営をするといったケースも多く、近年では病院における在院日数が減少したことで、自宅療養者への支援の必要性が高まり、訪問看護師へのニーズは増えている傾向に。

また、2012年4月の介護報酬改定では、在宅サービスに高い報酬がついたため、病院や施設中心の介護から在宅での介護へという対策が練られています。こういった背景から、今後、訪問看護の重要性がますます高まっていくことは間違いないといえるでしょう。

ここで一度、自分に「訪問看護」が合っているのかどうかをチェックしてみましょう。

訪問看護は日勤のみで、週二日休みのところも多く、ママさんナースや在宅医療を学びたいという方にも選ばれています。

また看護師として病院勤めをしていた方のなかには、勝手が違い自分にできるのかどうかと悩む方もいますが、最初は誰も初心者になります。

なので、業種を変えたからと不安がることはありませんから、訪問看護ナースになりたい! と思ったときは行動を起こしましょう。
  
  
 
訪問看護が得意な求人サイトはこちら
         
転職サイト

ナースではたらこ


ナース人材バンク


看護のお仕事
訪問看護
訪問介護
ステーション
-
介護施設
市町村
絞り込み
求人数 全国90,000件 全国210,000件 全国120,000件
サイト登録お申込み お申込みお申込み


 
夜勤が無く土日休み、プライベートの時間が作りやすい

訪問看護は日勤のみ、週休二日制が基本です。
それはどうしてか。ということになりますが伺う先のことを考えれば、自然に答えが出てきます。

看護を受けるほうも、日中の活動的なときに訪問看護へ来てほしいですし、土日と言った休日は、自分の休日として時間を使いたいからです。
お互いの希望が合致しているからこそ、できる仕事であり、メリットがあるのです。

また看護師にとっては病院勤務とは異なり、プライベートの時間が作りやすく、予定も立てやすいため、将来結婚を考えている方や現在育児中の看護師さんにはおすすめの業種です。

人と話して向き合っていきたい、地域医療に携わりたい、子どもがいても看護師として働き、家庭と仕事を両立したい、病院勤務は辛かったなど訪問看護ナースとして働く方の多くは、自分と同じ境遇で転職したきた方々なので、仲間も作りやすいというメリットもあります。

 
成長分野の訪問看護、長く働くためのキャリア形成も期待できる
人口の減少と高齢者の増加のため、今後は訪問看護ステーションの数が増え、病院やクリニックの数は減少が進むと言われています。

訪問看護はいまや成長分野であり、事業拡大を図っているところも多いので、このタイミングで転職すれば、キャリアアップも望め、末永く働くことも可能になります。

利用者の多くも要介護3から要介護5の方となっています。
1人平均15人の利用者を担当するとも言われていますが、1日に15件回るということではなく、1日に4、5件のお宅に伺うというイメージです。「要介護度」と聞いて、不安がる方もいるかと思いますので、一度要介護度について確認しておきましょう。

充実した毎日を過ごせないままだと、いつか疲れが体にも出てきますから、ここで訪問看護に転職を考えて、イキイキとした毎日をすごしてみてはどうでしょうか。
 
訪問看護の高給与を探せる求人サイトはこちら
   
転職サイト

ナースではたらこ


ナース人材バンク


看護のお仕事
訪問看護
高給与 -
転職カウンセリング
求人数 全国90,000件 全国210,000件 全国120,000件
営業時間 24時間受け付け 平日9:30〜20:00
土日祝9:00〜18:00
24時間受け付け
サイト登録お申込み お申込みお申込み

 
訪問看護は比較的お給料も高収入
最後のメリットは日々のモチベーションともなる【給与】についてです。

看護師の給与も悪いわけではありませんが、日勤のみ、週休二日制と聞くと今よりも給与(年収)が下がるのではないかと不安になる方もいることでしょう。
でも実は訪問看護という業種は給与が高めに設定されているのです。

事業所によって基準が異なるものの、独立起業、個人事業で行われている事業所が多く、看護師以外の職の方も多いのが現状。なので「看護師は貴重な人材」となるために給料が高いのです。そして、看護師が多いだけ事業拡大に直結するので役職にもなりやすいというメリットも。

平均年収は500万円とも言われていますが、訪問看護に転職を考えている方は、それ以上に年収を稼ぎたい、まずは転職を成功させたいと思うことがいろいろあるでしょう。

そこで転職を考える方におすすめなのが、【転職サイト】を活用した求人探しです。
ナースではたらこやナース人材バンクといった転職サイトに登録すると、サイトや雑誌求人ではお見かけできないお宝求人があったり、コンサルタントという担当者がつき、スムーズに転職ができるようバックアップしてくるのです。

現在病院に勤務中であっても、療養中や退職してスパンが空いてしまった方でも登録ができますので、上手に使っていきましょう。
転職サイトは無料で利用することができますし、自力での転職よりも、ことがスムーズに進み有利になってきます。
特に看護師という資格を活かしての転職、年収アップ、環境改善を図るならなおのこと、転職サイトを使った方が成功率が高くなりますで、おすすめです。

   
訪問看護で働く3大メリット

夜勤が無く土日休み、プライベートの時間が作りやすい

成長分野の訪問看護、長く働くためのキャリア形成も期待できる

訪問看護は比較的お給料も高収入


 

看護師転職サービスに不安を持ったときは、利用した方の声も見てみましょう。

口コミやレビューは成功した方の一握りと思っている方もいますが、もし自分が転職に成功した時、その気持ちを投稿するでしょうか。

そう考えると、口コミやレビュー投稿をしている方は、自分たちの体験をこれからサービスを利用して転職したいと思う方に見てもらいたい、伝えたい、勇気をあげたいと強く思ったからに違いないと思うのです。


転職サイト

ナースではたらこ


ナース人材バンク
訪問看護
支援金 最大10万円 -
求人数 全国90,000件 210,000件
非公開求人 有り 有り
営業時間 24時間受け付け 平日9:30〜20:00
土日祝9:00〜18:00
サイト登録 お申込み お申込み


このコラムに関連するコンテンツ